防災非常用蓄電池ナビ マンション 家庭用

マンション災害準備

マンションの方必見!災害時に備えて防災非常用蓄電池の準備は出来ていますか?

2018年9月
北海道胆振東部地震による停電では北海道全域で停電が発生し、約295万戸が停電する事態となりました。地域によっては、停電時間は数日間に及んだところもあります。

2018年9月
台風第24号による停電では、中部地方と九州・沖縄地方を中心に約180万戸が停電しました。被害は全国の広い地域に及び、地域によっては復旧まで1週間ほどかかっています。

2019年9月
房総半島台風による停電では、関東地方を中心に約93万戸で停電被害が発生しています。千葉県の被害が特に大きく、発生から1週間経過しても復旧しないケースもありました。

2019年台風15号
災害では、千葉を中心に関東近郊地区でインフラが復旧するのに3週間以上かかりました。

当初は、2〜3日何とか過ごせたら復旧するだろうと考えていた方が多くいたと思います。電気が止まったままの生活が1週間以上にもなると、すべての生活に徐々に影響がでてきます。ですが、誰が1週間も電気、水道が無い生活を予測したでしょうか。
これが、災害なんです。予測が出来ない事が起こるんです。ですから、考える時間がある今だからこそ、何が必要で何を準備をすればいいのかを調べて準備する事が必要なのです。

\蓄電池の準備はお急ぎください。/

今後の予測は・・・

今後30年以内に震度6弱以上の揺れが来る確率が26%以上と公表されているんです。関東から四国に至るまでの太平洋沿岸部地域。特に都市部で大地震が起こった場合、建物の倒壊、交通機関の麻痺、ライフラインの停止、避難民の増大、火災発生による二次被害など、あらゆることが想定されます。
都市機能は大混乱を来し、マンションが多い都市部近郊であっても、公的支援がすぐに受けられるとは限りません。そうなると、災害によって都市機能全体がマヒしたときには、国や自治体による支援だけに期待は出来ないので、コミュニティやまわりの人同士がお互いに助け合う「共助」や、自分で自分の身を守る「自助」のチカラこそが、命を助けてくれるはずです。
マンションならではのコミュニティーを活用して助け合いが出来るように今から準備しておきましょう。ハード面においてもソフト面においても地震に強いマンションほど、災害に強い、防災力を備えたマンションといえるでしょう。
地震調査研究推進本部事務局(文部科学省研究開発局地震・防災研究課)

 

実際に災害でマンションで被災した方の困ったこと5選

    1. スマホの充電
    2. 電気が止まった時の明かりを確保する事
    3. 乾電池
    4. 水、食料
    5. トイレ

災害準備

情報元・・・DCMhttps://www.dcm-hc.co.jp/feature/20190306105611.html

災害時困ったこと☆彡

30代女性 
停電時スマホのみが情報源なので、充電器が便利だった

30代男性 
停電したときにモバイルバッテリ―が無くて後悔。携帯電話が無いと何もできない事にきづいた。

30代女性 
停電で扇風機もクーラーも使えず赤ちゃんがいたのでかなり苦痛だった

40代男性 
スマホの充電だけでなく様々な家電が使えて助かった。

災害時困ったことまとめと

約9割の方が災害の準備をしていたが、不十分だった、もしくは準備しようと思っていたが出来ていなくて困ったとの回答があります。その中でもトップがやはりスマホの充電=モバイルバッテリーですね。災害時に必要不可欠なスマホが使えないと、とても困ることが分かりました。安否確認や災害情報、すべてがスマホの時代になっている今だからこそスマホの充電を切らすことは致命的な事にもつながります。インフラが止まった自宅での生活は、電気が無いと全く機能しないことがわかりますよね。これから来る災害に備えて準備出来るものは、後でではなく今からしていくべきではないでしょうか。

そこでお勧めなのが【防災非常用蓄電池ナビ】

ポータブル蓄電池ソーラーパネル付きなので残量を気にせず使うことが出来ます。USBポートが12個ついているので充電など同時に使うことが出来ます。スマホなら約60回分充電することが出来るので形態の充電が切れる心配はないですね。ソーラーパネル付きなので電池の残量を気にすることが無いので安心です。今なら限定でクオカード10000万円分がもらえるキャンペーン付きのすべての生活には、電気があってこその生活ですから余計に電気の確保は優先的にすることをおススメします。災害は過ごしやすい気候に来るとは限りません。夏の暑い時に電気が無い生活を想像してみてください。冬の寒い時に電気が止まるとどうなるでしょうか。命にも関わってきますよね。真っ暗の部屋で電気も無い生活をしたことが無い今、いきなりそんな生活を強いられると精神的にもまいってしまいます。災害の準備で無くてはならない準備にこの災害用蓄電池の準備も入れておくとそんな不安からは1つ解消されることでしょう。防災非常用蓄電池あれば、夏の暑いときは扇風機も使えるし冬の寒い時は、ご飯を炊くことも出来ますし、暖かいスープを作ることもできます。不安な時こそ、暖かい物を食べれる幸せを準備しておいてほしいと思います。今なら期間限定でクオカード10000円もらえます。防災非常用蓄電池はPanasonic 2018年度太陽光施工実績第一位、SHARP 2018年度優良特約店 太陽光施工実績第一位と安心をもってお勧めできる商品です。防災非常用蓄電池をお考えの方は期間限定なのでお急ぎください

災害用蓄電池クオカードプレゼント

 

購入した方の感想がこちら・・・

30代女性 
一度に沢山のスマホを充電出来て助かりました。持ち運びも楽で電源確保には最適でした

40代男性
防災用に作られたとのことで安全には替えられないと思い購入しました。ソーラーパネルが付いていて残量を気にせず使えて良かった

50代男性
工事も不要ですぐ使えるので重宝しています。10年保証もついていて安心です。

災害で準備するのは食料や水だけでは不十分です

災害時にライフラインが止まり生活に困りだすと、食料と水だけでは不十分だという事がわかりますね。それにプラスして、安心して使える電気さえあれば災害がきても慌てずに待てることでしょう。この防災非常用蓄電池があれば、最低限の電力が確保できるので当面は安心ですね。災害で必要となる連絡手段も、スマホの充電が安心して出来るのは非常に大切です。明かりや、暑さ、寒さをしのぐのもまかなえるのでこの防災非常用蓄電池さえあれば不安な夜を過ごす事もなく災害を乗り越えられますよね。
地震や台風、洪水などによる停電が発生する時期は予測ができ無いですよね。そのような予期せぬ災害が起こったときに、蓄電池があれば、電源が確保できるという大きな安心感が得られますよね。
蓄電池で電力を確保しておけば、停電しても必要な電化製品を使うことができ、普段とほとんど変わらない生活が可能になるので安心を準備しておく。これが鉄則だと思います。
蓄電池は太陽光発電と組み合わせると、日中に発電した電力を蓄電池に補給できるため、長期間の停電に備えることも可能です。悪天候が続いて太陽光発電で十分な電気が得られなかった場合でも、蓄電池はその弱点をカバーできるでしょう。災害時に困る【食】に続く【電力】の確保も合わせて準備しておくといざという時に慌てることが無いと思います。